内緒にしておきたい人気講師の3つの秘密

セミナー講師

準備に7割の力を掛ける

私の仕事には、フラワーレッスンやセミナー講師、営業、制作の仕事などがありますが、どの仕事に関しても準備に7割以上の力を費やします。 準備の為の時間、労力、この準備こそが満足度をあげるかどうか、成功するかどうかを左右します。

アトリエでのレッスンの準備について 

アトリエ教室でのレッスンは少人数制なので、一度に1名から3名までレッスンをしますが、 同時に違う内容を教えるので教材は間違いのないように準備しておくことは当たり前ですが、教材にも欠品が合ったり、宅配便の手配など、簡単だけどレッスン生が多くなるとこれだけでも、時間と手間がとても掛かります。 そして、生徒さんが追加購入するものも想像して材料を持っておく必要があります。
もしかしてFAXが送れてなかったらどうするか、欠品ならどうするのか!? 不測の事態も予測しながら、時間を取って生徒さんを思い浮かべながら準備しないとうっかりミスをします。 私は、うっかりミスが多いと分かっているので、特に注意を払っています。 フラワー講師

2時間のセミナー講師の場合の準備とは

普段はフラワーレッスンをしていますが、フラワー教室の集客方法や起業向けセミナーなどでのセミナーをすることがあります。
大人数の前で喋るセミナーの場合は、花が素材でなく、自分の経験談が素材になり経験談を分かりやすく生徒さんへ伝える必要があります。そのためにパワーポイントでスライドの資料を準備します。スライドの数は2時間セミナーで60枚程になります。
会社員経験があるので、パワーポイントはつかえないわけではありませんが、普段使い慣れていないので時間が掛かります。
アニメーションや効果音を入れたり、聴衆が飽きずに、誰からも見やすいスライドを心がけてつくります。当日の参加者の反応も想像して制作する為に時間が掛かかります。ここでも準備に8割以上の力を掛けています。
どんなストーリーで話すか、数字の検証などに2~3か月の時間を掛けて、まとまったところで直前の2週間で一気にスライドに落とし込んで行きます。 一度スライドが完成すると、次はそれを見ながら声に出して喋って練習します。 そうすると、まだ改善点が見えてくるので、残り1週間でさらに磨いて行きます。

1週間、2週間と言っていますが、ここでいう時間は他の仕事と平行しているので頭の中で漠然と考えている時間のことです。まとめたら2時間くらいかもしれませんが、そんなにまとまった準備時間は取れないので、少し考えては、また別の日に別の景色の中で考えると、いままで思いつかなかったアイデアが湧いてきます。 なのでトータルで考えると2~3か月掛かっています。 セミナー講師

どんなに注意しても人間だから・・・

準備をしていても、当日急に声が枯れていたり、咳がでたり、鼻水が出たり、調子が良くない場合があります。 そんな時でも、資料やスライドが出来ていれば、お金を払ってもらうだけの価値は提供できます。 私は、準備7割、2割は当日の参加者・雰囲気で変えます。残り1割は無事に開催出来るか、会場に着くまでを残り1割だと考えています。 結局、セミナー会場に着かなければ準備してきたことも意味がないですからね。

出来る人は家の中が綺麗

家の中=頭の中と考えてます。人間は一度に処理できる数が限られています。一つのことを覚えている時間は20分と言われています。だから、覚えてなくてもいい余計なことを頭の中に貯めておくことは、道路にゴミを放置しているのと同じことです。ゴミが多ければ交通渋滞になり、事故がおきます。考えなければいけないことに集中するために行っていることを紹介します。

整理整頓

会社の中も、自宅の中も常に整理整頓を心がけています。私の整理整頓には社員に驚かれる程です。 書類のみならず、アクセサリーや花を作る時の細かい材料がすごく沢山あるので、それが、使い時にすぐに出てくるように、背表紙にはタイトルを書いて、分類してあります。 使いたい時、欲しい時に見つからなければ、無いものと同じです。探す時間は無駄だし、買いに行く時間も無駄です。 社員に指示をするにも、「この棚の一番上の棚にある、箱に○○○と書いてある。中に入っているから」といえば遠方からの指示も可能です。 花や雑貨を販売していると、普通の人には無駄に思えるものにも価値があったりします。 それをいかに、分類して、欲しい時に出てくるかが整理整頓のポイントです。 整理整頓して、時間を短縮することが、利益に繋がります。

掃除

子供にも片付ける習慣をつける

会社には社員という他人と一緒に仕事をする場なので、綺麗にするのは当たり前ですが、私は、自宅も綺麗です。 3歳と5歳の男のコがいるので、毎日おもちゃで足の踏み場がなくなるほどになりますが、子供には片付ける事が習慣になるように教育しています。片付いた部屋の風景が目に焼き付いていると、散らかってもまたもとに戻す様になります。 子供のしつけは3歳までと言います。
ある子供達が3歳~5歳の事、お母さんが病気なり、お子さんに十分な躾が出来なかったそうです。その子達が小学生になってから、ゴミはゴミ箱に捨てましょう!といっても、習慣はそう簡単には変えられず、床にゴミを捨てるから毎日家の中のゴミを拾っています。という話を聞きました。

これは極端な話かもしれませんが、ごみはゴミ箱に。食べたらお皿は流しにもっていく。こぼしたら拭く。脱いだ服は洗濯籠へ。寝る前には片付ける。靴は揃える。など生活するためにするべきことは、子供のうちに習慣づけないと、母の家事負担がいつまで経っても減りません。家も会社と同じで、一人一人が家事分担をしていかいと潰れてしまいます。女だから、男だから、という性差でみるのではなく、整理整頓は人間として生きていくにはやるべきことなんだと、子供のうちから教えています。

家事の導線を整える

余計なことで時間を取りたくない、余計なことを考えたくないので、家事にかける時間も最低限になるように工夫をしています。 少しでも時間があれば、明日の仕事の事を考えたり、本を読んだり、資料を読んだり、インスタグラムを更新したりできるのです。子育てしながら、主婦をしながら、仕事をするということはいかに自分の余裕な時間を作れるかが鍵になると感じます。

着る服に悩まないクローゼット

意外に時間がかかるのが、洋服選びです。朝、すぐに頭が回転すればいいのですが、あれこれ考えて堂々巡りしてクローゼットの前に立ち尽くして時間が過ぎていく事が結構あります。 結局、数日前に着た服になってしまったり、平凡な組み合わせに落ち着いて、後で後悔します。 なので、私は、服を買って来た時に、その服に対して熱があるうちにコーディネートを考えて、試着写真を携帯の中にアルバムを作ってあります。それを見て選べばいいのです。 年々、身体のラインは崩れるし、体系も変わってきているので、自分の体系に似合う服、自分の仕事に似合う服、自分のテンションが上がる服を選ぶことも大事なことです。

しかし似合うかどうかというのは、試着して着てみるしかありません。 人に見られる仕事なので、今日は作業日だからラフな服でもいいと思っていても、お客様対応をすることや来客もあるので、ちょっと気の効いた服は私には欠かすことができません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で結婚式ブーケ保存加工グリーンルームをフォローしよう!

関連記事

レカンフラワー教室

The Green Room Atelier 由花
〒465-0025
名古屋市名東区上社1丁目412
天照レジデンス1F
TEL.052-737-6430 
FAX.052-737-6440

友だち追加
LINEID: @xat.0000138601.5fg

レカンフラワー体験教室

レカンフラワー体験教室
ページ上部へ戻る