レカンフラワー薔薇作品集

バッグブーケアップ

薔薇の花言葉は「愛情」

最初に紹介するのは愛情あふれるピンク色の薔薇作品です。
結婚式のブーケでバッグブーケでした。ブーケの永久保存加工をいたしました。ピンクや紫のいろいろなお花が入って可愛いブーケでしたが、乾燥させてもとっても可愛くてまるで花の宝石箱です。
バッグブーケアップ持ち手のパールもデザインに組み込みました。ピンク色は乾燥させると色が少し濃くなるのでより一層鮮やかになります。バッグブーケの形をそのまま残すという方法もありますが、ブーケで使われた記念のお花に新たな命を吹き込んで、新たに輝く舞台を用意するという意味ではこのようにお花がたくさん残せるこのようなデザインはとってもおススメです。バラ以外にもカーネーションやジャスミン、ラナンキュラス、アイビーも入っています。結婚式で幸せな想いのこもったお花たちがずっと残こる。素敵なことです♪

この額を見ながら、新居でのお二人の生活に色どりをもたらしてくれたらより一層嬉しいことです。結婚式のブーケフレームというと、お二人が最初に飾るアートフレームになると思います。それが、思い出のブーケとなると感慨深いものがあります。

レカンフラワーバラ バッグブーケ

沖縄でプロポーズ★空輸して運んだフラワーアレンジメント

彼との沖縄旅行でプロポーズされて、この薔薇のアレンジをもらったという幸せな客様からのご依頼で作らせていただきました。

飛行機で愛知県まで持ち帰ってすぐにグリーンルームまでお持ち込みいただきました。
中にひときわ目を引くのがレインボーの薔薇が入っていて、その周りにピンクや赤、黄色の薔薇とカスミソウが入っていて彼の想いがすごく詰まったお花ですね。沖縄から空輸フラワ―アレンジ

お花の数が多くてご希望のフレームにすべて入りきらないので、傷のない鮮度のいいものから選んで乾燥加工しました。雰囲気が残るようにバラは1種類づつ入れることになりました。

すべてのお花が、生花で見ているより乾燥で花の水分を抜くので若干色が濃くなります。

薔薇の間にはカスミソウも入れました。プロポーズでもらった記念のお花って本当に嬉しいですよね。幸せな想いのこもったお花は見る度に幸せな瞬間を思い出せるタイムカプセルのようなものです。だから絶対残したいし、残すべきだと思います。[プロポーズでお花をもらいました~]って結婚式でエピソードを紹介されたら参列者の方がきっと驚かれること間違いなしです。
思い出のお花を新居に飾って、二人の会話にもなるといいなって思います。

幸せなお花を扱わせてもらうと、私も幸せな気持になります。お二人の幸せがずっと続くように心を込めて一つ一つ手作業でお作りしています。大切に飾っていただけると嬉しいです。
レインボーの薔薇

オレンジと黄色の薔薇に紺色のリボンがとっても印象的なラウンドブーケ

出来上がった作品もとっても鮮やかで素敵です♪

オレンジ色や黄色は乾燥させると、花の持っている水分が抜ける分、少し色が濃くなります。レカンフラワー向きのお花と言えます。ドレスは青~紺色だそうです。青とオレンジ宇色は反対色なのでドレスにとっても映えますね。

薔薇の間にオーガンジーの細いリボンがはいっていたので同じように再現しました。
黄色とオレンジのブーケ

レカンフラワーは色鮮やかなのでよく、「プリザーブドフラワーですか!?」って聞かれますが、最新のドライフラワーなんです。とお答えします。しかし、ただのドライフラワーでは色が変わってしまうので、レカンフラワーはここからの密封方法が特許技術です。色鮮やかがずっと変わらずそのままなのです。写真だけみたら見分けつかないですね~

ブーケで使われていた紺色のリボンも一緒にデザインしたので結婚式の思い出がずっと残ると思います。

ヨーロッパでは古くから花には想いや宿るといわれています。結婚式のブーケには、お二人の幸せ!という思いや参列者の祝福の想いが宿っています。このようなお花を残すことに意味があります。ぜひ信頼できる当店に加工はお任せくださいね。黄色とオレンジのブーケ

百寿のお祝いにレカンフラワーギフト

100歳のお祝いで作らせていただきました。100歳というと「百寿」色は白なんですが、白のリボンというのも味気ないのでゴールド色のリボンで華やかにしました。

ご老人になると、家の中が暗くなる方が多いそうで、このような明るい色のプリザーブドフラワーなどはとても喜ばれます。でもこれは、プリザーブドフラワーではないですよ。色鮮やかですが、着色しているのではなく、ドライフラワーの最新技術で作られている「レカンフラワー」です。ドライフラワーというと色があせたり、虫がついたりするイメージですが、レカンフラワーの優れた点は、密封技術と色が変わらないという点です。ずっと飾っていただけるので、壊れないように、デザインにも飽きが来ない様にお作りしています。
カンフラワー百寿

ピンクや白の薔薇、カーネーション、デルフィニウム、リンドウ、など見て楽しめる作品に仕上げました。生の花を加工していますから、自然そのもの。
生花だと1週間ほどで枯れてしまうお花もこのようにずっと飾れるレカンフラワーにしたアートフレームならお祖母さんのお宅でもきっと心を安らかにしてくれると思っています。

お花がぎゅっと詰まったフレームはまさに花の宝石箱の様です。そうそう、レカンフラワーはフランス語で「宝石箱」って意味です。繊細で美しいお花の宝石箱ですね。
レカンフラワー百寿

黄色のブーケに挿し色が効いたラウンドブーケは地下鉄広告でみれるよ

黄色の薔薇に青いデルフィニウムの結婚式のラウンドブーケ。コロンと丸く可愛いラウンドブーケはダントツ人気です。花材や色が変わるだけでまったく変わった印象になり、まさに千差万別です。結婚式で1つは持つのではないでしょうか。

このブーケは、黄色に青なので、まさに反対色。お互いの色を一番よく見せてくれる色です。ドレスの色は水色だとお聞きしました。ドレスの色となじませるか、反対色で持ってくるかも、とっても大切ですね。個性も発揮できる大切な機会です。
黄色に青のラウンドブーケ

当店でもオーダーメイドブーケのご注文があるので、打ち合わせ時に色のこともお話しさせていただきます。ドレスとなじませて大人っぽくするのが好みの方もいますし、反対色で、ブーケを目立たせる方法もあります。披露宴で見え方、照明の当たり方も気になりますね。自分らしい自分を一番よく見せてくれる色を選ぶと後悔しないと思います。

黄色の薔薇と青いラクスパーは、乾燥花にすると、変化はほどんとありません。ただ、経年劣化によって、黄色の花は紫外線の影響により色が抜ける傾向にあります。紫外線や蛍光灯の当たらない場所で飾って楽しんでいただきたいと思います。

親友の結婚式でもらったブーケトスブーケを残したい!

ショッキングピンクや白、オレンジなど、ポップでとにかく可愛いラウンドブーケでした。そのラウンドブーケをコンパクトに残したいのがご希望でしたので、ドーム型でお作りしました。

レカンフラワーの技術で、生花を乾燥花にすると、ほとんどのお花や植物を乾燥させることができますが、色の変化としては、ピンクやオレンジ色は少し濃くなります。白は少しクリーム色になります。全体的に、生花がもともと持っている色素が出てくるので、若干濃くなります。

お客様からお預かりした花を100%使用して乾燥させるため傷があればそのまま傷も残ってしまいます。しかしそれもその日の思い出です。結婚式の大事な思い出が残るので、傷も思い出としていいのではないかなと思います。ブーケトスのラウンドブーケ

綺麗に乾燥させたお花は、ブーケの写真を見ながら、出来るだけ元の形に近くなるようにデザインしていきます。それを乾燥剤や脱酸素剤と一緒に密封するので、自然な色が長く保ちます。花には想いが宿ります。結婚式のブーケには幸せの想いが詰まっています。ぜひその記念のお花、残してみてくださいね。遠方のかたも、お送りいただければ加工できます。

ブーケトスのラウンドブーケ

flowerarangeschool-1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で結婚式ブーケ保存加工グリーンルームをフォローしよう!

関連記事

レカンフラワー教室

The Green Room Atelier 由花
〒465-0025
名古屋市名東区上社1丁目412
天照レジデンス1F
TEL.052-737-6430 
FAX.052-737-6440

友だち追加
LINEID: @xat.0000138601.5fg

レカンフラワー体験教室

レカンフラワー体験教室
ページ上部へ戻る