花束が欲しい プロポーズ大作戦

女性はいつでも、花をもらうと嬉しいです。
でもお花をもらう機会は、卒業、退職、コンサート、お祝い等…。プロポーズで初めて花をもらう女性が少なくないので、プロポーズに花束はマストアイテムと言えます。
彼女が喜んでくれる、感動をよぶプロポーズをしたいならぜひ花束を準備して、思い出に残る一日にしてみてはいかがですか?

プロポーズでもらうと嬉しい花束ベスト5

  • ベスト5 :カーネーションの花束
    カーネーションの花束は「幸せな家庭を築こうね」誓い花
  • ベスト4:チューリップの花束
    可憐で可愛い彼女にはチューリップの花束
    べスト3:カサブランカの花束
    ユリの中でも最高品質のカサブランカは香りも芳醇で豊な香りです。カサブランカの花言葉は純白です。品のある大人な女性へ、送ってみませんか?
  • ベスト2:ガーベラの花束
    元気で笑顔の似合う彼女にはガーベラの花束をプレゼントしてはいかがですか?ガーベラが好きな方は多いです。ガーベラの種類も豊富ですし、色によって雰囲気も変わります。
  • ベスト1赤い薔薇の花束
    情熱の赤い花束は、口下手な男性にはとくにおススメします。言葉に出来ない想いを赤い薔薇に託しましょう。
    薔薇の本数、意味が変わります。言葉では言えないことも、本数や色で秘めた想いを伝えてみたいですね。

    薔薇の本数に込められた花言葉
    薔薇の色で表す花言葉

    実際にはどんな花をプレゼントしているのか?

    TheGreenRoomアトリエ由花に一番持ち込みが多いのは、赤い薔薇の花束ですが、彼女の好きな花ということで、ひまわりやカーネーション、ピンク色の花束ということもあります。

    所説様々ありますが、プロポーズ―ズで人生で初めて花束をもらう女性も多いはず。どうすれば彼女が喜んでくれるかが一番です。
    普段から彼女をリサーチして、好きな花の種類や色を聞いておいて、いざとなったときにそんなお花をあげられるといいですね。

    いつも花とは無縁のイメージだった彼からプロポーズの花束をもらったら、嬉しくて嬉しくてその幸せがずっと続いたらな!枯れずに残せたらいいのにな~!と思うはずです。
    それが、彼からのプロポーズの花束だったらなおの事嬉しいです。TheGreenRoomアトリエ由花の「ブーケフレーム」は、どんなお花でもずっと残るように永久保存加工します。
    プロポーズの花束の保存方法には押し花とレカンフラワーがあります。どちらも花束を再現するデザインが人気です。
    他にも、ブーケ型にしたり、プロポーズの際に一緒に飲んだワインのコルクを入れたり、お二人の名前とメッセージを入れてウェルカムボードにするという方法もあります。

    花束をもらった後どうする

    ラッピングペーパーに包まれた状態は3~5時間程度の保水となっています。花束を貰ったらすぐにリボンとラッピングペーパーを取り、バケツや花瓶に水をはり水揚げしてください。(※水揚げ…水の中で茎を斜めに切り落とすことで花がより水を吸います)
    より花に栄養が行くように下の方の葉は取ってしまっても大丈夫です。
    その後、暖房等のない涼しい場所に花を保管してください。暖房の効いている部屋に置くと一気に花が傷みます。
    毎日水を変え、傷んだ花びらが出てきたらすぐに取ってください。

通常の水揚げ方法

  1. ラッピングペーパーと保水材を取り外します。(花をまとめてある紐はそのままでいいです)
  2. 保水材は水で良く洗い流します。
  3. 大きめの花瓶やバケツに新鮮な水を入れて、その中で茎の下1㎝程を切ります。切れ味のいい綺麗なはさみを使用してください。カッターナイフでも可能です。
  4. 花瓶に活けて下さい。

元気がない時の水上げ方法

  1. 花束をまとめてある紐を切り、傷んでいたり開ききった花は処分する。
  2. 茎の下1/3程の葉を落とす。
  3. 残った花を茎10㎝ほど出るようにして新聞紙でまとめる。
  4. 大きめの花瓶やバケツに新鮮な水を入れて、その中で茎の下1㎝程を切ります。切れ味のいい綺麗なはさみを使用してください。カッターナイフでも可能です。
  5. 深めのバケツや大きめの花瓶に水をはり、花の部分が水につからないようにして一晩漬けておきます。
    新聞紙が水にぬれている状態です。
  6. 新聞紙を取り外して。花瓶に生けなおします。水はこまめに取り替えてください。

    花を2週間以上持たせる方法

    毎日水を変え、傷んだ花びらが出てきたらすぐに取ってください。
    生花はとてもデリケートです。冷暖房のあたら場所は避けて、涼しい場所に飾ってください。暑さにとても弱いので、夏場は出来るだけ涼しい場所に飾ってください。

冷え切った男女関係を取り戻す

結婚後、数年たち、パートナーにプレゼントを送るというと、恥ずかしくてなかなか渡さなくなるようです。いらないものをプレゼントしても失望させてしまうし…そんな時は、花束がおススメです。花束をもらって嫌な気持ちになる女性はいません。出来れば、お誕生日などの記念日に毎年欲しいものです。
いらないものをもらっても困るけど、花からもらうエネルギ―と癒し効果は、科学的にも証明されています。
冷え切った男女関係の修復にも役立ちますよ。ぜひお試しください。

女性はいくつになっても花をもらうと嬉しい

結婚してなければ、好きな相手と付き合えるし、自由恋愛です。しかし結婚してしまうと恋愛していた時と違って、結婚生活を続ける努力をしなければいけません。パートナーと同じ空間で暮らすことは、自分勝手では決していけません。結婚しても幸せな状態にキープし続けることが、仕事への活力になります。でも、恋愛していた時の刺激も欲しいし。そんなときに花を送ってほしいのです。女性はいくつになっても花をもらうと嬉しいです。そして、主婦になると花をもらう機会はほとんどないです。花をあげる方も、もらう方も恥ずかしいけど、そんなちょっと心遣いが夫婦生活を盛り上げるきっかけになります。

プロポーズ花束を残すメリットデメリット

花は本来枯れてしまうもの、プロポーズの思い出は写真を見るしか思い出せません。花束は手入れが良ければ1週間~2週間ほど楽しめますが、花束の状態のままなら2日で枯れていきます。プロポーズの花束をずっと残す方法には押し花と立体レカンフラワーがあります。鮮度の良いうちにお持ち込みいただいて、加工に3か月ほどお時間を頂きます。完成したフレームは、半永久的に変わりません。インテリアの布ものも色が変わるように、押し花などにした花も自然に少し色が抜けますが、急激に変わることはありません。
プロポーズされたときの 思い出が、見る度に思い出せると、お客様からは満足度110%頂いています。幸せな思い出をずっと部屋に飾って置ける、思い出のフレーム。自然な色なので癒し効果も抜群です。お二人の生活をずっと見守ってくれるラッキーアイテムになりますよ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で結婚式ブーケ保存加工グリーンルームをフォローしよう!

関連記事

レカンフラワー教室

The Green Room Atelier 由花
<名古屋駅本店>
結婚式ブーケ保存加工専門サロン・フラワースクール
愛知県名古屋市中村区則武1丁目13-9
チサンマンション第3名古屋307
10:30〜19:00 (予約制 最終持ち込み受付18:30)
<名古屋駅から徒歩5分>
TEL:052-526-8701
定休日:毎週火・土
<名古屋東店>
フラワーギフト・ハンドメイド雑貨販売・フラワースクール・結婚式ブーケ保存加工専門店
名古屋市名東区上社1丁目412
天照レジデンス1F
10:30〜19:00 (予約制 最終持ち込み受付18:30)
<上社駅から徒歩3分>
TEL.052-737-6430
定休日:毎週月・火・第2,4日

友だち追加
LINEID: @greenroomu

レカンフラワー体験教室

レカンフラワー体験教室
ページ上部へ戻る