「素敵!」な作品をつくるためにするべく3つのポイント

上達するために

感動するトレーニング

毎日感動していますか!?日ごろから意識していないとなかなか難しいですね。
私は、日常生活から感動することを習慣にしています。“沈んでゆく夕日がきれい”“子供の会話が可愛い”“すき焼きの中の牡蠣が抜群”“この映画の俳優カッコイイ”“今日の服イケてる”“綺麗な写真が取れた” など感動する感度が高めておくことが、創作活動には欠かせないと感じます。

ショッピングをしてたら、この店は「ここがいいな!」「素敵だな!」と常にチェックして感動ポイントをストックしておくのです。
美術館や作品展で作品を見ても「あの絵がいいな~」ではなく、「あの絵の色使いがいい」とか、「額の色やデザインと絵が絶妙にあってるから好き!」など、どんどん突っ込んだポイントを文字化すると記憶に残ります。

“公園に行ったら誰もいなくて貸し切り状態でラッキー”とかでもいいのです。心を動かされる感動ポイントが多いと人生が楽しいし、自分の心に寄り添うことが、人に感動を与える作品を作れると信じています。生活の中からも美を感じることができるポイントは沢山あります。

センスを磨く

アートを提供する立場

作品を制作するときは、アートを提供する側です。
見た方が「素敵!」「飾りたい!」「貴方の作品を買いたい!」と思ってもらわないといけません。

そのためには、綺麗で素敵なものを見て【目を養う】ことです。
美術館や作品展を見に行くのもいいですし、行けないなら雑誌や映画でもいいです。

ディスプレイにはアイデアが沢山詰まっています。季節感を出して、並べかた、売りたい商品に 目がいくようにディスプレイしてあります。買いたくなる仕掛けが沢山あります。そういうのが勉強になるので、時間出来ると、ウィンドーショッピングするようにしてます。

yukahyodo

地方でも都会でもセンスのいい悪いに関係ない

興味のない店でも、素材やデザイン、パッケージや価格も参考になるので、入って観察します。
定員さんの質問したり、接客を参考にすることもあります。自分がいいなと思ったポイントは、他人もいいなと思うポイントなので、自分の気持ちに向き合って、制作に生かしてくださいね。

地方にいても都会に住んでいても、センスのいい悪いに関係ありません。良いと感じたものをどう表現できるか、その表現の仕方でセンスがよくも悪くもどのようにでも表現できるのです。

田舎の風景

コンテストにチャレンジして常に高みを目指す心 

これから講師として生徒を集めたいと思ったら、コンテストにチャレンジしなければいけません。
肩書きがいい先生の方がセンスがいいというのは、一目瞭然です。
受賞できない人の言い訳でよく聞くのが「作りたい作品をつくったから通らなかった」
それは違うと思います。自己満足の作品でも、コンテストという尺度に合わせた時に審査員の心を動かすことが出来なかったということです。受賞するということは、どの賞であれ、人の心を動かすことが出来たということです。

作品をつくるなら、そういう作品を作って欲しいです。
これから教えるにして、貴方の存在はどこにも知られていませんよね?自分が先生を選んだ時にどんなことを見て選びましたか?
教室への利便性や教える内容や受講料より、先生の人柄やコンテスト受賞歴が多いとかそういう外部の評価って見ましたよね?そこから選ばれる先生になるには、コンテストにチャレンジして、受賞歴を増やしていくことしかないのです。毎年コツコツと受賞歴を増やしていきましょう。
お花バイキング

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で結婚式ブーケ保存加工グリーンルームをフォローしよう!

関連記事

ピックアップ記事

バッグブーケアップ

レカンフラワー薔薇作品集

レカンフラワー教室

The Green Room Atelier 由花
〒465-0025
名古屋市名東区上社1丁目412
天照レジデンス1F
TEL.052-737-6430 
FAX.052-737-6440

友だち追加
LINEID: @xat.0000138601.5fg

レカンフラワー体験教室

レカンフラワー体験教室
ページ上部へ戻る